真田氏関連伝説

真田氏に関連した伝説について掲載しています。
真田氏は大坂の陣での真田信繁の活躍が、江戸中期頃から真田幸村の活躍として小説化され、過去に度々真田ブームを起こしてきました。
現在、真田信繁(真田幸村)が語られる時に、全くの作り話や史実を誇張したストーリー、いわば伝説が現実に起きたことであるかの様な表現で用いられてしまうことは、将来に向かって歴史を語り継いでいくことにおいて大変憂慮すべきことだと思います。
このページでは、真田氏が英雄視されていく過程で作り上げられていった伝説をご紹介します。
メニュー
真田氏 忍者伝説
概要
真田十勇士
概要
真田幸村 影武者伝説
概要
真田 抜け穴伝説
概要
上田城本丸井戸の抜け穴伝説
大坂城南方の真田幸村抜け穴伝説
九度山の真田幸村抜け穴伝説
真田幸村 逃亡伝説
概要
真田幸村子孫 四国生存説
真田幸村 薩摩逃亡伝説
真田氏 忍者伝説
概要

真田氏は忍術と呼ばれる特殊な技を操る忍者軍団を組織していたと言う伝説がありますが、これは特殊部隊が後世になってから小説などで誇張され生み出されたもので、実態とは異なります。
真田氏の忍者部隊だけでなく、忍者自体が後世になってその役割や能力が誇張され、伝説的なものになってしまいました。
当時の忍者の役割は主に「敵国や国内勢力の情報収集」「敵地で意図的に情報を流しての扇動」などで、それを実行するには鋭い判断力と的確な身のこなしが必要ですが、決して人間の能力を超えた妖術や身体能力を備えていた訳ではありません。

海野一族(真田氏と同族)である望月氏には忍術を持つ者もいた
真田氏は小県郡の一帯を治めていた海野氏と深い縁がありますが、その海野氏は滋野三家の1つで他に望月氏と禰津(祢津)氏があり、この2氏とも真田氏は同族です。
滋野三家のひとつである望月氏の中には、「甲賀三郎」を名乗る望月出雲守という甲賀流の忍術使いがおり、近江国甲賀郡に住んでいたようです。

真田十勇士
概要

真田十勇士は、江戸時代中期以降から真田信繁(幸村)の活躍が小説化され始めた時に、物語を面白くさせるために創作されたキャラクター群です。

十勇士と同じように、真田幸村という武将は存在していません。幸村は真田昌幸の二男である真田信繁をモデルに作られたキャラクターだと思われます。
真田十勇士では、猿飛佐助が非常に有名ですが、この猿飛佐助を手始めにしてキャラクターが増えていったと思われます。
池波正太郎の小説「真田太平記」では「草の者」と呼ばれる真田氏配下の忍者軍団が登場しますが、これは真田十勇士がモデルになっていると言われています。

真田十勇士について詳しくは真田十勇士をご覧ください。

真田幸村 影武者伝説
概要
真田十勇士の中には真田幸村の影武者として活動できる者が複数いて、大坂の陣では真田幸村を名乗って戦場を撹乱したと言う作り話です。
影武者の働きにより、真田幸村本人は秀頼を連れて大坂から逃亡したという作り話もあります。
真田 抜け穴伝説
概要
大坂の陣の戦場付近、上田城本丸の井戸、九度山の幽閉場所には「真田幸村の抜け穴」と称するまたは、抜け穴になっていたと言われている穴の入口や井戸があります。これは後世になって作られた作り話です。
上田城本丸井戸の抜け穴伝説
大坂方面で抜け穴伝説が盛り上がった影響で上田城の井戸にも抜け穴伝説があります。これは井戸には非常用の抜け穴があって、それは太郎山まで続いているというものです。太郎山までは相当な距離があり、これは荒唐無稽な作り話です。
大坂城南方の真田幸村抜け穴伝説
大坂冬の陣で、豊臣方の本拠地である大坂城を包囲していた徳川方は、より一層の圧力を加えるため、大坂城南方から大坂城内に向かって多数の地下道を掘ったと言われ、これが後世になって真田氏によって作られた抜け穴であるという作り話になったようです。
徳川氏はどこまで本気にして、大坂城への穴を作ったのかどうか詳細は不明ですが、大坂城の堅固な堀の下を抜けて城内に侵入するためと称されて作られたものですので、完成せずとも作ること自体で心理戦として豊臣方へのプレッシャーに徳川方は利用したようです。
 
九度山の真田幸村抜け穴伝説
九度山にも真田幸村の抜け穴だという伝承が残る石で造られた穴がありますが、これは古墳の石室であることが判明しており、抜け穴でないことは確実です。

真田幸村 逃亡伝説
概要

大坂の陣で豊臣方は負けましたが、真田幸村は影武者を身代わりにして、自らは豊臣秀頼を大坂城から救い出して逃亡をしたと言う作り話です。
逃亡したとされる場所は、四国であったり、現在の鹿児島県付近である薩摩であったりします。

真田幸村子孫 四国生存説
四国には真田信繁(幸村)の四男である真田之親(さなだ ゆきちか)の墓があり、現在も子孫がおられます。
現在の真田氏一族の方々では、一族の一員として正式に認められているようです。
真田幸村 薩摩逃亡伝説
薩摩の伝説については、秀頼の墓があったりしますが、薩摩を治める島津氏が徳川氏と最も仲の悪い外様大名だったことから、真田氏を最大級に贔屓したようで、江戸中期以降の真田氏ブームより後になって作られたものである可能性が非常に高いようです。
トップ真田氏データベース>真田氏関連伝説
 
ろくもんせんどっとこむ トップページへ 真田氏データベース トップページへ ルーツ 家紋 歴代藩主 一族 系図 年表 親戚 家臣 勢力範囲 合戦遍歴 関連伝説 真田十勇士 有力者データベース 用語データベース サイトインフォメーション トップへ