真田氏一族【分家系】

真田一族を家族単位で区分して表にまとめて掲載しています。
番号は家督を相続した人物が所属していた区分(家族、グループ)順に割り振っています。
家族単位での掲載を省略し、当主の列記のみになっている区分もあります。
名前や一家名にリンクが設置されている場合、そこをクリックをすると個人や一家の情報へアクセスできます。
メニュー

矢沢頼綱系(真田氏重臣として存続)

D1

矢沢頼綱一家

D2

矢沢頼邦一家

D3

矢沢頼貞一家

D4

矢沢頼次一家

D5

矢沢頼誠系
常田隆永系(真田氏家臣として存続)

E1

常田隆永一家

E2

常田隆頼一家

E3

常田作兵衛一家
真田昌輝系(松平氏家臣として存続)

F1

真田昌輝一家(真田幸隆 二男)

F2

越前真田(1代~12代)
真田信尹系(徳川幕府旗本として存続)

G1

真田信尹一家(真田幸隆 四男)

G2

真田幸政一家(真田信尹 長男)

G3

真田正信系(真田信尹 二男正信の家系)
真田信繁(真田幸村)系(大名の家臣などとして存続)

H1

真田信繁一家(真田昌幸 二男)

H2

仙台真田(信繁二男 守信初代~10代)

H3

久保田真田(信繁三男 幸信初代~14代)

H4

真田之親系 本家(信繁四男 之親初代~14代)

H5

真田之親系 分家(之親の家系からの分家)

真田昌親系(徳川幕府旗本として存続)

I1

真田昌親一家(真田昌幸 三男)

I2

真田信親一家(真田昌親 二男)
真田勘解由(徳川幕府旗本として存続。松代4代藩主 信弘の実家)

J1

真田信就一家(真田信政 長男)

J2

真田勘解由(2代~8代)
真田幸世系(幸世は9代藩主長男。家督を継がず分家として存続)

K1

真田幸世系(1代~3代)
矢沢頼綱系

真田頼昌の三男矢沢頼綱から始まる家系。
矢沢氏は頼綱の養子先であるという説もあるが、現在では真田氏の分家であるという説が有力視されている。
矢沢氏は真田氏家老を代々務めている。

[D1] 矢沢頼綱一家
初代
矢沢頼綱
やざわ よりつな
1518(永正15)年
~1597(慶長2)年
79才

真田頼昌の三男・・・[A1]真田頼昌一家
真田氏重臣
沼田城城主、岩櫃城城主を歴任
真田信之が沼田藩主に就任した後より、信之の家老。

長男
矢沢頼康
やざわ よりやす
  別名:頼幸
矢沢2代
二男
矢沢頼邦
やざわ よりくに
  矢沢3代
[D2] 矢沢頼邦一家
3代
矢沢頼邦
やざわ よりくに
  矢沢3代
長男
矢沢頼貞
やざわ よりさだ
  矢沢4代
[D3] 矢沢頼貞一家
4代
矢沢頼貞
やざわ よりさだ
  矢沢4代
長男
矢沢頼永
やざわ よりなが
  矢沢5代
二男
矢沢頼次
やざわ よりつぐ
  矢沢6代
三男
矢沢頼誠
やざわ よりのぶ
   
[D4] 矢沢頼次一家
6代
矢沢頼次
やざわ よりつぐ
  矢沢6代
長男
矢沢頼豊
やざわ よりとよ
  矢沢7代
[D5] 矢沢頼誠系
矢沢頼誠
やざわ よりのぶ
   
長男
矢沢頼重
やざわ よりしげ
  矢沢8代
~8代略~
17
矢沢頼忠
やざわ よりただ
  矢沢17代
常田隆永系

真田頼昌の四男隆永は常田氏の養子?

[E1] 常田隆永一家
常田隆永
ときだ ただなが

生年不詳
~1570(元亀3)年
享年不詳

別名:真田幸真
真田頼昌の四男・・・[A1]真田頼昌一家
常田氏の養子?

長男
常田俊綱
ときだ としつな
生年不詳
~1563(永禄6)年9月
享年不詳

1563(永禄6)年9月、上野国吾妻郡での長野原合戦の上杉氏との交戦中に戦死。

養子
常田隆頼
ときだ ただより
生年不詳
~1575(天正3)年
享年不詳
別名:図書助
河原隆正の三男
常田隆永の長男俊綱が、上野国吾妻郡での長野原合戦の上杉氏との交戦中に戦死したため、隆永へ養子として迎えられました。
1575(天正3)年、長篠合戦で戦死
[E2]常田隆頼一家
[E2] 常田隆頼一家
常田隆頼
ときだ ただより
生年不詳
~1575(天正3)年
享年不詳
別名:図書助
河原隆正の三男
常田隆永の長男俊綱が、上野国吾妻郡での長野原合戦の上杉氏との交戦中に戦死したため、隆永へ養子として迎えられました。
1575(天正3)年、長篠合戦で戦死
長男

常田作兵衛
ときだ さくべえ

生年不詳
~1615(慶長20)年5月
享年不詳

1615(慶長20)年5月、大坂夏の陣で幸村と共に戦死。
子供:男子が少なくとも1人いた。
[E3]常田作兵衛一家

[E3] 常田作兵衛一家

常田作兵衛
ときだ さくべえ

生年不詳
~1615(慶長20)年5月
享年不詳

1615(慶長20)年5月、大坂夏の陣で幸村と共に戦死。
子供:男子が少なくとも1人いた。

長男
作兵衛 長男
(名前不詳)
生没年不詳
享年不詳
1615(慶長20)年5月、父作兵衛が大坂夏の陣で幸村と共に戦死した。通常ならば作兵衛の嫡子が家督を継ぐところだが、作兵衛の長男は幼児であるため不可能であった。
常田氏を存続させるため、河原綱家の四男忠兵衛が常田氏を養子に向かえ、常田氏の存続を図った。
1626(寛永3)年、忠兵衛が松代藩から脱藩した後は、作兵衛長男(名前不詳)が常田氏の家督を継いだ。
養子

常田忠兵衛
ときだちゅうべえ

 

河原綱家の四男
1615(慶長20)年5月、常田作兵衛が大坂夏の陣で幸村と共に戦死した。通常ならば作兵衛の嫡子が家督を継ぐところだが、作兵衛の長男は幼児であるため不可能であった。
常田氏を存続させるため、河原綱家の四男忠兵衛が常田氏の養子になり、常田氏の家督を継いだ。
1626(寛永3)年、松代藩士は徳川家光の上洛に随行することになり、忠兵衛は旅費など支度金の借用を藩へ申し出た。
しかし、上洛随行の支度費用の借金の申請が却下されたため、これに反抗した忠兵衛ら松代藩士48名は脱藩し、保科氏の家臣になった。

真田昌輝系

真田幸隆の二男昌輝から始まる家系
真田昌輝系は2代信正から松平氏の家臣(越前真田)

[F1] 真田昌輝一家
真田昌輝
さなだ まさてる
  真田幸隆の二男・・・[A2]真田幸隆一家
正室
相木昌朝女子
(名前不詳)
 
長男
真田信正
さなだのぶまさ
1571(元亀2)年
~1632(寛永9)年
62才
[F2]越前真田
[F2] 越前真田
初代
真田信正
さなだ のぶまさ
1571(元亀2)年
~1632(寛永9)年
62才
真田昌輝の長男・・・[F1]真田昌輝一家
別名:五郎兵衛、幸明
2代
真田幸寛    
3代
真田幸明    
4代
真田幸里    
5代
真田信光    
6代
真田幸度    
7代
真田幸孝    
8代
真田幸寛    
9代
真田幸衛    
10代
真田一夫    
11
真田幸雄    

12

真田幸尚   幸尚にとって幸雄は実祖父にあたる。
幸尚は戸籍上、幸雄の養子。

真田幸隆の四男信尹から始まる家系

[G1] 真田信尹一家
真田信尹
さなだ のぶただ
  真田幸隆の四男・・・[A2]真田幸隆一家
長男
真田幸政
さなだゆきまさ
生年不詳
~1653(承応2)年1月5日
享年不詳
別名:長兵衛
幕府旗本3000石
鉄砲頭
子供:幸信、幸吉、ほか
[E2]真田幸政一家
二男
真田正信
さなだまさのぶ

生年不詳
~1678(延宝5)年12月19日
享年不詳

別名:内蔵助、信勝
幕府旗本1000石
子供:信利、ほか
[E3]真田正信系
[G2] 真田幸政一家
真田幸政
さなだゆきまさ
  真田信尹の長男・・・[E1]真田信尹一家
長男

真田幸信
さなだゆきのぶ

   
長女
不詳    
二女
不詳    
二男
真田幸吉
さなだ ゆきよし
   
[G3] 真田正信系
  真田正信
さなだまさのぶ

 

真田信尹の二男・・・[E1]真田信尹一家
  真田信利
さなだのぶとし
   
  真田信貴
さなだのぶたか
   
  真田信紀
さなだのぶのり
   
  真田信積
さなだのぶあつ
   
  真田信育    
  真田信緜    
 

真田信和
さなだのぶかず

   
  真田信敬    
  真田紋蔵    
  真田興三郎    
  真田忠三    
真田信繁(真田幸村)系

真田昌幸の二男信繁(幸村)から始まる家系

[H1] 真田信繁(真田幸村)一家
真田信繁
さなだ のぶしげ
  真田昌幸の二男・・・[A4]真田昌幸一家
子供:長男 幸昌(大助)、次男 片倉守信(大八)、ほか
正室

利世
りよ

生年不明
~1649(慶安2)年5月18日
享年不詳

別名:竹林院(ちくりんいん)
父:大谷吉継(越前国 敦賀5万石)
子供:長男 幸昌(大助)、次男 片倉守信(大八)、四女 あぐり、六女 菖蒲、七女 かね

側室
堀田作兵衛女子
(名前不詳)
 

父:堀田作兵衛
子供:長女

側室
采女(うねめ)
(名前不詳)
 

「高梨内記女子」と表記されることもある
父:高梨内記
子供:次女 、三女
采女という名は本名ではない可能性が高い。

側室

隆清院
りゅうせいいん

不詳

別名:隆性院
父:豊臣(三好)秀次
別名:(別読み:こうせいいん)
子供:三男 三好幸信、五女

側室
不詳
(子供を産んだ側室は上記3人の他に1以上いたものと思われる) 父:不詳
子供:三男 之親
側室
不詳
(子供を産んだ側室は上記3人の他に1~2人いたものと思われる) 父:不詳
子供:八女、九女
長男

真田幸昌
さなだ ゆきまさ

1601(慶長6)年
~1615(元和元)年
15才
別名:真田大助(さなだ だいすけ)
母:利世
二男

片倉守信
かたくら もりのぶ

1612(慶長17)年2月
~1670(寛文10)年6月晦日
59才

別名:真田大八(さなだ だいはち)、真田守信
母:利世
仙台真田氏開祖
[F2]仙台真田

三男
三好幸信
みよし ゆきのぶ
 

母:隆清院
幸信と之親の順番は未確定
[F3]久保田(秋田)真田

四男

真田之親
みよし ゆきちか

  母:不詳
[F4]真田之親系 本家
長女


きく

  別名:すへ、於菊
母:堀田作兵衛女子
二女

いち
  別名:於市
母:采女(高梨内記女子)
三女

うめ
1604(慶長9)年
~1681(天和元)年12月8日
78才

別名:阿梅
母:采女(高梨内記女子)利世説も有り)
仙台藩重臣の片倉小十郎の妻

四女
あぐり  

母:利世采女(高梨内記女子)説も有り)
大坂の役後、滝川一積の養子
夫:蒲生郷喜(会津国蒲生藩の重臣)
生まれ順があぐりとお田が逆の説も有り

五女


でん

1604(慶長9)年
~1635(寛永12)年
32才

別名:直(なお)、御田姫(おでんひめ、おんだひめ)、お田の方、法号は顕性院
母:隆清院
岩城宣隆(出羽国亀田藩2万石、現在の秋田県由利本荘市)

六女
菖蒲
しょうぶ
 

別名:阿菖蒲
母:利世
姉である梅を頼って片倉氏へ
夫:片倉金兵衛定廣(別名:田村定広、仙台藩家臣)

七女
かね  

母:利世(名前不詳の側室説有り)
夫:石川光吉(別名:石河貞清、関ヶ原合戦時に尾張国 犬山城主)

八女
不詳 生没年不詳
享年不詳

母:紀伊国の領民の女子という説がある。青木次郎右衛門と結婚したという伝承が残っているが、不詳。

九女
不詳 生没年不詳
享年不詳
早世
[H2] 仙台真田氏
初代
片倉守信
かたくら もりのぶ
1612(慶長17)年2月
~1670(寛文10)年6月晦日
59才

真田信繁の二男・・・[F1]真田信繁(真田幸村)一家
別名:真田大八(さなだ だいはち)、真田守信
母:利世
仙台真田氏開祖
一時、真田姓に復帰したが、幕府に遠慮し、片倉姓に戻す。

2代
真田辰信
さなだときのぶ
  片倉守信の嫡男
別名:片倉辰信
仙台真田は辰信の代から真田姓に復帰。
3代
真田信成    
4代
真田信経    
5代
真田信親    
6代
真田信珍    
7代
真田信凭    
8代
真田幸清    
9代
真田幸歓    
10代
真田幸棟    
[H3] 久保田(秋田)真田
初代
真田幸信   真田信繁の三男・・・[F1]真田信繁(真田幸村)一家
2代
真田隆長    
3代
真田隆長    
4代
真田隆長    
5代
真田隆矩    
6代
真田幸政    
7代
真田幸由    
8代
真田幸得    
9代
真田幸友    
10
真田幸厚    
11
真田隆長    
12
真田隆炬    
13
真田幸憲    
14
真田幸和    
[H4] 真田之親系 本家
初代
真田之親   真田信繁の四男・・・[F1]真田信繁(真田幸村)一家
2代
真田義国    
3代
真田春行    
4代
真田利康    
5代
真田康春  

二男金右衛門が分家→[F5]真田之親系 分家

6代
真田斉弘    
7代
真田康国    
8代
真田弘篤    
9代
真田弘包    
10
真田弘估    
11
真田長八郎    
12
真田義光    
13
真田義博    
14
真田英太郎    
[H5] 三好之親系 分家
真田康春の二男である金右衛門から始まる真田之親系の分家
初代
真田金右衛門  

真田之親系本家5代真田康春の二男・・・[F4]真田之親系 本家

2代
真田吉弥    
3代
真田初次郎    
4代
真田浪蔵    
5代
真田喜八郎    
6代
真田孫太郎    
7代
真田博明    
真田昌親

真田昌幸の三男昌親から始まる家族

[I1] 真田昌親一家
真田昌親
さなだ まさちか
  真田昌幸の三男・・・[A4]真田昌幸一家
長男
真田蔵人
さなだ くろうど
   
二男
真田信親
さなだ のぶちか
  信親は真田信就の七男信弘を養子にしたが、その後、松代3代藩主である幸道に信弘を養子に出した。真田信弘は真田松代藩4代藩主になった。
[G2]真田信親一家
三男
真田多門
さなだ たもん
   
[I2] 真田信親一家
真田信親
さなだ のぶちか
  真田昌親の二男・・・[G1]真田昌親一家
養子
真田信弘
さなだ のぶひろ
  真田信就の七男・・・[H1]真田信就一家
真田幸道の養子になる→[C3]真田幸道一家
信就七男→昌親養子→幸道養子
真田勘解由

真田信政の長男信就から始まる家系

[J1] 真田信就一家
初代
真田信就
さなだ のぶなり
  真田信政の長男・・・[C2]真田信政一家
正室
不詳    
長男

真田信方
さなだのぶかた

  [H2]真田勘解由(2代~8代)
二男
真田杏之助    
三男
真田図書    
四男
真田主馬    
五男
真田信門
さなだのぶかど
   
六男
真田主税
さなだちから
   
七男
真田信弘
さなだ のぶひろ
1670(寛文10)年
~1736(元文元)年
67才
松代4代 1727(享保12)~1736(元文元)
真田信親の養子→[G2]真田信親一家
信就七男→昌親養子→幸道養子
長女
不詳    
[J2] 真田勘解由(2代~8代)
2代
真田信方
さなだのぶかた
~1698(元禄11)年 真田信就の長男・・・[H1]真田信就一家
3代
真田信清
さなだのぶきよ
~1767(明和4)年  
4代
真田信照
さなだのぶてる
~1836(天保7)年  
5代
真田信好
さなだのぶよし
~1848(弘化5)年  
6代
真田貫元
さなだつらもと
~1885(明治18)年  
7代
真田信忠
さなだのぶただ
~1899(明治32)年  
8代
真田貢
さなだみつぐ
~1951(昭和26)年  
9代
真田道泰
さなだみちやす
   
真田幸世系

真田幸教の四男幸世から始まる家系

[K1] 真田幸世系
初代
真田幸世
さなだゆきよ
  真田幸教の四男・・・[C9]真田幸教一家
男爵
2代
真田幸邦
さなだゆきくに
  男爵
3代
真田幸徳
さなだゆきのり
   
トップ真田氏データベース真田氏一族>分家系
 
ろくもんせんどっとこむ トップページへ 真田氏データベース トップページへ ルーツ 家紋 歴代藩主 一族 系図 年表 親戚 家臣 勢力範囲 合戦遍歴 関連伝説 真田十勇士 有力者データベース 用語データベース サイトインフォメーション トップへ