鎌原幸定
プロフィール
読み仮名
かんばらゆきさだ
生没
生没年不明
出生
真田昌頼の五男
別名
不詳
移籍

真田氏(真田幸隆)から鎌原氏(鎌原幸昌(幸政))の養子になる

不詳
子供
不詳
不詳
備考
鎌原氏二代当主
沿革
鎌原幸定の経歴

真田頼昌の子、つまり幸隆(幸綱)の弟ですが、上野の三原城主で海野氏の分家である鎌原幸昌の養子になりました。
幸定とその息子である幸重は武田信玄のもとで上州先方衆として活躍し、真田幸隆と共に岩櫃城を攻略しました。

幸重とその子幸澄は幸隆・信綱と共に上野制圧や武田氏の勢力拡大に貢献しましたが、長篠の戦いで戦死しました。
武田氏滅亡は昌幸の家臣になりました。

鎌原重春の息子である重宗は大坂の陣に参戦しています。
重宗はの息子である重継は沼田藩の真田氏で筆頭家老を務めました。
松代藩の鎌原氏は重継の長男である重俊が初代です。
重俊の妻は真田信政の娘です。

トップ真田氏データベース真田氏一族藩主系黎明期真田頼昌一家>鎌原幸定
 
ろくもんせんどっとこむ トップページへ 真田氏データベース トップページへ ルーツ 家紋 歴代藩主 一族 系図 年表 親戚 家臣 勢力範囲 合戦遍歴 関連伝説 真田十勇士 有力者データベース 用語データベース サイトインフォメーション トップへ