真田昌幸
メニュー
真田昌幸 沿革
真田昌幸 沿革1
真田昌幸 沿革2
真田昌幸 沿革3
真田昌幸 沿革4
真田昌幸 沿革5
真田昌幸没後の状況
その他

真田昌幸一家 系図

基本プロフィール
読み仮名
さなだ まさゆき
生没

1547(天文16)年~1611(慶長16)年6月4日 享年65才

出生
真田幸隆の三男。母は河原隆正の娘または姉
別名
源吾、源五郎、武藤喜兵衛(武藤喜兵尉)、安房守
叙任
安房守
法号
長谷寺殿一翁千雪大居士
移籍
父幸隆が上田小県に復帰した時、武田信玄からの要求により武藤三郎左衛門常昭の養子になるが、2人の兄が戦死した後は家督相続のため真田氏に復帰。
正室:山之手殿(寒松院) 側室:不詳(複数?)
子供
長男:信之(信之)、次男:信繁(通称は幸村)、三男:昌親、四男:信勝
長女:村松殿(小山田茂誠の妻)、次女:名前不詳、三女:名前不詳、四女:名前不詳、五女:名前不詳、六女:清光院、七女:
善名称院(別名:真田庵)(和歌山県伊都郡九度山町九度山1413)
長谷寺(長野県上田市真田町真田)
供養碑
長国寺(長野県長野市松代町松代田町1015-1)
備考
武田信玄の下で奥近習衆、足軽大将、尼飾城城主、砥石城主、海津(松代)城の普請に従事。
武田勝頼の下で新府城の築城に従事。
徳川家康の下で上田城を築城、上田小県を統一。
関ヶ原合戦では西軍
昌幸の家臣として働いていた忍者…出浦盛清(いでうら もちきよ)、割田下総(わりた しもうさ)、唐沢玄蕃(からさわ げんば)、馬場主水(ばば もんど)
トップ真田氏データベース真田氏一族藩主系黎明期真田幸隆一家>真田昌幸
 
ろくもんせんどっとこむ トップページへ 真田氏データベース トップページへ ルーツ 家紋 歴代藩主 一族 系図 年表 親戚 家臣 勢力範囲 合戦遍歴 関連伝説 真田十勇士 有力者データベース 用語データベース サイトインフォメーション トップへ