真田信繁(真田幸村)
メニュー
本当の名前は信繁
「真田幸村」と言う名前について
真田信繁(幸村) 沿革
真田信繁(真田幸村) 沿革1
真田信繁(真田幸村) 沿革2
真田信繁(真田幸村)沿革3
真田信繁(真田幸村) 沿革4
真田信繁(真田幸村) 沿革5
真田信繁(真田幸村) 沿革6
真田信繁(幸村) 没後の状況
その他
真田信繁(幸村) 墓

真田信繁(幸村)一家 系図

基本プロフィール
読み仮名
さなだ のぶしげ(さなだ ゆきむら)
生没

1567(永禄10)年~1615(慶長20)年5月7日 享年49才
生年は1570(元亀元)年2月2日説(仙台真田系譜)もあり、この場合は享年46才

出生
真田昌幸の次男、母は山手殿(昌幸正室)
別名

弁丸、源二郎(源次郎)、藤蔵、左衛門佐(さえもんのすけ)

法号
大光院殿日道光白居士(竜安寺)、大光院殿月山伝心大居士(高野山蓮華定院、長国寺)、大光院殿日透高白大居士(当信寺)
転籍
 
正室:利世(竹林院)、側室:堀田作兵衛の娘・高梨内記の娘・隆性院・名前不詳2名
子供
長男:大助(幸昌)、次男:大八(片倉守信)、三男:之親、四男:幸信
長女:すへ、次女:お市、三女:お梅、四女:お田、五女:あぐり、六女:おかね、七女:お菖蒲、八女:不詳
生母は諸説有り、確定はしていません。
大雲山龍安寺大珠院(京都府)、田村家墓所(宮城県白石市)、善名称院(真田庵)(和歌山県伊都郡九度山町九度山1413)
備考
上杉へ人質
豊臣へ臣従
トップ真田氏データベース真田氏一族藩主系黎明期真田昌幸一家>真田信繁
 
ろくもんせんどっとこむ トップページへ 真田氏データベース トップページへ ルーツ 家紋 歴代藩主 一族 系図 年表 親戚 家臣 勢力範囲 合戦遍歴 関連伝説 真田十勇士 有力者データベース 用語データベース サイトインフォメーション トップへ