真田熊之助
プロフィール
読み仮名
さなだ くまのすけ
生没
1632(寛永9)年5月~1638(寛永15)年11月6日 享年7才
出生
真田信吉の長男。母は松仙院。
別名
法号:一陽院
 
備考
沼田3代(寛永12)年12月5日~1638(寛永15)年11月6日
弟信利は異母兄弟。
沿革
真田熊之助の沿革

1632(寛永9)年5月、真田熊の助は真田信之長男である信吉と、その正室である松仙院の間に生まれました。(父信吉40才)

1634(寛永11)年11月28日、父信吉が亡くなりました。(父信吉享年42才)

信吉が亡くなった翌年である1635(寛永12)年12月5日、熊の助は幼くして沼田藩3万石の家督を継ぎ、3代藩主に なりました。(熊の助4才)

熊の助は幼く実務が不可能であったため、叔父の真田信政が後見人として実務を行ないました。

1638(寛永15)年11月6日、熊の助が亡くなりました。(享年7才)
江戸神田の吉祥寺(現在は文京区)に葬られましたが、墓石は現存していないと言われています。

1639(寛永16)年、幼い熊の助には後継者が居なかったため、叔父(父信吉の弟)である真田信政が沼田藩を継ぎました。(信政43才)

 

トップ真田氏データベース真田氏一族藩主系沼田藩真田信吉一家>真田熊之助
 
ろくもんせんどっとこむ トップページへ 真田氏データベース トップページへ ルーツ 家紋 歴代藩主 一族 系図 年表 親戚 家臣 勢力範囲 合戦遍歴 関連伝説 真田十勇士 有力者データベース 用語データベース サイトインフォメーション トップへ