真田氏一族【藩主系】

真田一族を家族単位で区分して表にまとめて掲載しています。
番号は家督を相続した人物が所属していた区分(家族、グループ)順に割り振っています。
家族単位での掲載を省略し、当主の列記のみになっている区分もあります。
家督を相続しなかった藩主の実子には、家系番号の後に「-(ハイフン)0」が割り当てられています。
名前や一家名にリンクが設置されている場合、そこをクリックをすると個人や一家の情報へアクセスできます。
メニュー

真田氏黎明期(Aの後の番号は当主順)

A1

真田頼昌一家

A2

真田幸隆一家(真田頼昌 二男)

A3

真田信綱一家(真田幸隆 長男)

A4

真田昌幸一家(真田幸隆 三男)

A5

真田信之一家(真田昌幸 長男)
沼田藩(Bの後の番号は藩主の代に対応)

B1

真田信之一家(黎明期の信之の項目を参照)

B2

真田信吉一家(真田信之 長男)

B3

真田熊之助 (真田信吉 長男)早世

B4

真田信政 一家(松代藩の信政の項目を参照)

B5

真田信利一家(真田信吉 二男)

B6

真田信音以後の旧沼田藩系
※B5信利が改易されたため、B6信音以後は藩主ではない
松代藩(Cの後の番号は藩主の代に対応)

C1

真田信之一家(黎明期の信之の項目を参照)

C2

真田信政一家(真田信之 二男)

C3

真田幸道一家(真田信政 六男)

C4

真田信弘一家(真田信就 長男、真田幸道 養子)

C5

真田信安一家(真田信弘 四男)

C6

真田幸弘一家(真田信安 長男)

C7

真田幸専一家(井伊直幸 四男、真田幸弘 養子)

C8

真田幸貫一家(松平定信 次男、真田幸専 養子)

C9-0

真田幸良一家(真田幸貫 長男)

C9

真田幸教一家(真田幸良 長男、真田幸貫 養子)

C10

真田幸民一家(伊達宗城 次男、真田幸教 養子)

C11

11代以後の松代真田当主(11代~14代)
真田氏黎明期

真田頼昌から真田信之までの真田氏歴代当主の家族

A1 真田頼昌一家
真田
当主
真田頼昌
さなだ よりまさ
生没年不詳
享年不詳
頼昌以前の家系・・・真田氏のルーツ
正室
(不詳) 生年不詳
~1540(天文9)年4月26日
享年不詳
 
長男
真田綱吉
さなだ つなよし
生没年不詳
享年不詳
海野氏の養子
二男
真田幸隆
さなだ ゆきたか
1513(永正10)年
~1574(天正2)年
61才
[A2]真田幸隆一家
幸隆は誤読であって、本来の名は真田幸綱(さなだゆきつな)であると言う説が最近有力視されている。
別名:海野小太郎
三男
矢沢頼綱
やざわ よりつな
1518(永正15)年
~1597(慶長2)年
79才
矢沢氏の養子
真田氏の下で沼田城城主、岩櫃城城主を歴任
[D1]矢沢頼綱一家
四男
常田隆永
ときだ ただなが
生年不詳
~1570(元亀3)年
別名:真田幸真
常田氏の養子
[E1]常田隆永一家
五男
鎌原幸定
かんばら ゆきさだ
生没年不詳
享年不詳

鎌原幸昌の養子
鎌原幸昌一家

A2 真田幸隆一家 
真田
当主
真田幸隆
さなだ ゆきたか
  真田頼昌の二男・・・[A1]真田頼昌一家
幸隆は誤読であって、本来の名は真田幸綱(さなだゆきつな)であると言う説が最近有力視されている。
別名:海野小太郎
正室

河原隆正の娘または姉
(泰雲院)

生年不詳
~1592(天正20)年5月20日
享年不詳
法号:泰雲院殿喜山理慶大姉
河原隆正の娘、または、河原隆正の姉
長男
真田信綱
さなだ のぶつな
1537(天文6)年
~1575(天正3)年
39才
真田幸隆から真田氏家督を継ぐ
[A3]真田信綱一家
 
真田清鏡
さなだ きよかね
1541?(天文10?)年
~1599?(慶長4?)年
59才

幸隆が妾に産ませたとする次男の説があるが不詳

二男

真田昌輝
さなだ まさてる
1543(天文12)年6月
~1575(天正3)年5月21日
33才
徳二郎、兵部丞
[F1]真田昌輝一家
三男
真田昌幸
さなだ まさゆき
1547(天文16)年
~1611(慶長16)年
65才
真田信綱から真田氏家督を継ぐ
上田初代
[A4]真田昌幸一家
四男
真田信尹
さなだ のぶただ
1547(天文16)年
~1632(寛永9)年
86才
[E1]真田信尹一家
五男
金井高勝
かないたかかつ

生年不詳
~1606(慶長11)年7月7日
享年不詳

金井姓を名乗り、農民として小県郡丸子村御嶽堂付近で定住。
別名:真田信春
A3 真田信綱一家
真田
当主
真田信綱
さなだ のぶつな
  真田幸隆の長男・・・[A2]真田幸隆一家
真田幸隆から真田氏家督を継ぐ
正室

きた
生年不詳
~1580(天正8)年2月10日
 
女子
真田信綱女子
(名前不詳)
生没年不詳
享年不詳
母:であると言う説があるが、不詳。
子供:真田信吉
従兄弟である真田信之の側室
[A5]真田信之(真田信幸)一家
A4 真田昌幸一家
上田
初代
真田昌幸
さなだ まさゆき
  真田幸隆の三男・・・[A2]真田幸隆一家
真田信綱から真田氏家督を継ぐ
正室
山之手
やまのて
生年不明
~1613(慶長18)年6月3日
享年不詳
別名:山之手殿、山手殿、山手、京の御前
夫:真田昌幸
子供:長男 真田信之(信幸)、二男 真田信繁(幸村)
信之、信繁(幸村)以外の昌幸の子供は、側室である遠山氏子女氏が産んだという説がある。
側室
遠山氏女子
(名前不詳)
  遠山氏の娘
長男

真田信之
さなだ のぶゆき

1566(永禄9)年
~1658(万治元)年10月17日
93才

別名:真田信幸(さなだ のぶゆき)
上田2代
真田沼田初代 1590(天正18)年08月25日
~1616(元和2)
真田松代初代 1622(元和8)~1658(万治元)
[A5]真田信之(真田信幸)一家

二男

真田信繁
さなだ のぶしげ

1567(永禄10)年
~1615(慶長20)5月7日
49才
別名:真田幸村(さなだ ゆきむら)
[F1]真田信繁(真田幸村)一家
三男
真田昌親
さなだ まさちか
生没年不詳
享年不詳
兄信之次男信政長男信就七男信弘を養子にするが、松代藩家督相続の為に転籍し、後継者がいなくなり、昌親系は昌親の代で断絶。
[G1]真田昌親一家
四男
真田信勝
さなだ のぶかつ
生年不詳
~1609(慶長14)年6月19日
享年不詳
 
長女
村松
むらまつ
生没年不詳
享年不詳

母:山手であると言う説があるが、不詳。
夫:小山田茂誠(おやまだ しげのぶ)

二女
真田昌幸次女
(名前不詳)
生年不詳
~1657(明暦3)年4月28日
享年不詳

母:不詳
幕府旗本である真田幸政の妻

三女
真田昌幸三女
(名前不詳)
生年不詳
~1619(元和5)年8月3日
享年不詳

母:綿内兵庫頭の娘
夫:鎌原重春(真田氏の家老)

四女
真田昌幸四女
(名前不詳)
生年不詳
~1610(慶長15)年10月20日
享年不詳

母:不詳
高遠藩主・保科正光の妻

五女
真田昌幸五女
(名前不詳)
生年不詳
~1666(寛文6)年5月13日
享年不詳

母:不詳
夫:(初)宇田頼次の妻、(後)滝川一積(かずあつ)

六女
清光院   夫:妻木重直
七女

らく
   
A5 真田信之(真田信幸)一家
沼田
初代

上田
2代

松代
2代
真田信之
さなだ のぶゆき
  真田昌幸の長男・・・[A4]真田昌幸一家
正室
小松
こまつ
1573(天正元)年
~1620(元和6)年
48才
実父:本多忠勝
義父:徳川家康(信幸との結婚時の状況)
子供:信政信重
側室
真田信綱女子
(名前不詳)
生没年不詳
享年不詳
父:真田信綱真田幸隆長男)
夫信之は従姉妹
子供:信吉を産んだという説があるが、不詳。
側室

右京
うきょう

生年不明
~1671(寛文11)年
享年不詳

父:松代城代玉川秀政、または京都で薬屋をやっていた玉屋
松代2代藩主の真田信政の母説もあり
rokumonsen.comでは信政生母説は採用していません。

側室
小野通
おの つう
1567(永禄10)年
~1631(寛永8)年10月
65才

信之との間柄:親友説と側室説有り
子供:小野宗鑑尼(真田信政(真田信之二男)の側室)

長男
真田信吉
さなだ のぶよし
1593(永禄2)年
~1634(寛永11)年11月28日
42才

母は真田信綱女子であると言う説があるが、不詳。
沼田2代 1616(元和2)
~1634(寛永11)年11月28日
[B2]真田信吉一家

二男
真田信政
さなだ のぶまさ

1597(慶長2)年11月
~1658(明暦4)年2月5日
62才

母:小松
沼田4代 1639(寛永16)7月25日
~1657(明暦3)8月
松代2代 1657(明暦3)~1658(万治元)
[C2]真田信政一家

三男
真田信重
さなだ のぶしげ
1599(慶長4)年
~1647(正保4)年2月23日
49才
母:小松
長女
まん 不詳 母:小松であると言う説があるが、不詳。
夫:高力忠房(武蔵国 岩槻城主、1602(慶長7)年または1603(慶長8)年頃に嫁ぐ)
二女

まさ
(見樹院)
(けんじゅいん)

不詳

母:小松であると言う説があるが、不詳。
夫:佐久間勝宗(幕府旗本)

三女
不詳 不詳 不詳
四女
不詳 不詳 不詳
沼田藩

沼田真田氏の歴代当主の家族

B2 真田信吉一家
沼田
2代
真田信吉
さなだ のぶよし
  真田信之の長男・・・[A5]真田信之一家
正室

松仙院
しょうせんいん

生没年不詳
享年不詳

前橋藩主である酒井忠世の娘
熊之助の母

長男

沼田
3代

真田熊之助
さなだ くまのすけ
1632(寛永9)年5月
~1638(寛永15)年11月6日
7才

母は松仙院
沼田3代 1635(寛永12)12月5日
~1638(寛永15)11月6日
熊之助が早世し、本来ならば信吉の二男信利が次期藩主になるところだが、信利はまだ幼少であったため、信利にとって叔父(信之二男)にあたる真田信政が沼田藩を継いで、沼田真田4代藩主を務めた。

二男
真田信利
さなだ のぶとし
1635(寛永12)年
~1688(貞享5)年1月16日
54才
信利にとって酒井忠行(酒井忠清の父)は伯父にあたる
信利にとって酒井忠清は従兄弟にあたる。→酒井氏(雅楽頭)
沼田5代 1657(明暦3)9月
~1681(天和元)11月22日
1681(天和元)11月22日、沼田真田藩は幕府により改易。
[B5]真田信利一家
B5 真田信利一家
沼田
5代
真田信利
さなだ のぶとし
  真田信吉の二男・・・[B2]真田信吉一家
正室

まつ
  別名:松姫
父:山内忠豊
長男
真田信音
さなだ のぶね

子供:信興
[B6]真田信音以後の信利系
二男
真田信秋
さなだ のぶあき
   
三男
真田外記
さなだ がいき
  別名:栗本外記
四男
真田辰之助
さなだ たつのすけ
   
長女
不詳    
B6 真田信音以後の旧沼田藩系(沼田真田藩は5代信利の時に改易されため、6代以降は藩主ではない。)
6代
真田信音   真田信利の二男・・・[B5]真田信利一家
7代
真田信興    
8代
真田信賢    
松代藩

松代真田氏の歴代当主の家族

C2 真田信政一家

沼田
4代

松代
2代

真田信政
さなだ のぶまさ
  真田信之の二男・・・[A5]真田信之一家
正室

稲垣重綱女子
(名前不詳)

  結婚後、すぐに離婚
2人の間に子は居ない
側室
小野宗鑑尼
おのそうかんに
   
側室
松寿院
しょうじゅいん
  高橋氏の娘
側室
永寿院
えいじゅいん
   
側室
自照院
じしょういん
   
長男
真田信就
さなだ のぶなり
  松代4代信弘の父
[H1]真田信就一家
二男
真田信守
さなだ のぶもり
   
三男
真田信武
さなだ のぶたけ
   
四男
真田信福
さなだ のぶふく
   
五男
真田源太郎
さなだ げんたろう
   
六男
真田幸道
さなだ ゆきみち
1657(明暦3)年
~1727(享保12)年
71才
松代3代 1658(万治元)~1727(享保12)
[C3]真田幸道一家
C3 真田幸道一家
松代
3代
真田幸道
さなだ ゆきみち
  真田信政の六男・・・[C2]真田信政一家
正室
伊達宗利女子 生年不詳
~1733(享保18)年7月5日
享年不詳
法号:法雲院殿慈栄元光尼禅師
側室
不詳    
長男
源治郎
(側室との子、早世)
養子
真田信弘
さなだ のぶひろ
1670(寛文10)年12月12日
~1736(元文元)年12月27日
67才
真田信就の七男・・・[H1]真田信就一家
真田昌親の養子・・・[G1]真田昌親一家
信就七男→信親養子→幸道養子
松代4代 1727(享保12)~1736(元文元)
[C4]真田信弘一家
C4 真田信弘一家
松代
4代
真田信弘
さなだ のぶひろ
  真田信就の七男・・・[H1]真田信就一家
真田信親の養子・・・[G2]真田信親一家
真田幸道の養子・・・[C3]真田幸道一家
信就七男→信親養子→幸道養子
松代4代 1727(享保12)~1736(元文元)
正室
清岸院 生年不詳
~1709(宝永6)年2月16日
享年不詳
父:松平頼純
法名:清岸院殿知峰日登大姉
側室
冷厳院   別名:冷台院
父:藤田氏
側室
智岸院   別名:前田美和
父:前田氏
長男
真田幸詮
さなだ ゆきあきら
  (早世)
二男
真田俊峯
さなだ としみね
   
三男
真田重信
さなだ しげのぶ
   
四男
真田信安
さなだ のぶやす
1714(正徳4)年
~1752(宝暦2)年
39才
松代5代 1737(元文2)~1752(宝暦2)
[C5]真田信安一家
五男
真田忠盈
さなだ ただみつ
1732(享保17)
~1767(明和4)年9月16日
36才
別名:本多忠盈
本多忠敞の養子になる
六男
不詳    
七男
不詳    
長女
貞徳院    
二女
陽泉院    
三女
不詳    
C5 真田信安一家
松代
5代
真田信安
さなだ のぶやす
  真田信弘の四男・・・[C4]真田信弘一家
正室
松平利章の娘
(匡章院)
生年不詳
~(延享5)年6月4日
享年不詳
父:松平利章
法号:匡章院殿端心怡厳大姉
側室
毛登   父:伊藤氏
法号:慈眼院
側室
琴浦
  父:江見氏
側室
鈴木氏の娘
(蓮光院)
  父:鈴木氏
長男
真田幸弘
さなだ ゆきひろ
1740(元文5)年
~1815(文化12)年
76才
松代6代 1752(宝暦2)~1798(寛政10)
母:毛登
[C6]真田幸弘一家
二男
不詳    
長女
房姫(香雲院)    
二女
珪樹院    
三女
不詳    
四女
不詳    
C6 真田幸弘一家
松代
6代
真田幸弘
さなだ ゆきひろ
  真田信安の長男・・・[C5]真田信安一家
正室
松平定賢の娘
(真松院)
生年不詳
~1817(文化14)年9月7日
享年不詳
父:松平越中守定賢
法号:真松院殿戒月定光大姉
側室
座間氏の娘
(清信院)
  父:座間氏
側室
  父:田村氏
側室
藤田氏の娘
(春光院)
  父:藤田氏
長女
三千姫   別名:真珠院
二女
峯姫   別名:心蓮院
養子
真田幸専
さなだ ゆきたか
1770(明和7)年
~1828(文政11)年
59才
別名:松平順介(真田婿養子入り以前)
実父:井伊直幸(幸専は四男)
松代7代 1798(寛政10)~1823(文政6)
[C7]真田幸専一家
C7 真田幸専一家
松代
7代
真田幸専
さなだ ゆきたか
  井伊直幸の四男
真田幸弘の養子・・・[C6]真田幸弘一家
井伊直幸四男→真田幸貫養子
正室
三千姫 生年不詳
~1822(文政5)年5月19日
享年不詳
父:真田幸弘(松代6代)
法号:真珠院殿頷光良影大姉
長女
道姫   別名:誠真院
夫:斎藤左近(幕府旗本)
養女
雅姫   別名:真月院
実父:井上正甫
実母:6代幸弘の次女 峯姫(心蓮院)
幸専と三千姫に嫡子が居ないため養子
養子
真田幸貫
さなだ ゆきつら
1791(寛政3)年
~1852(嘉永5)年
62才
別名:松平次郎(養子入り以前)
実父:松平定信(二男として)
真田幸専と三千姫に嫡子が居ないため養子
松代8代 1823(文政6)~1852(嘉永5)
[C8]真田幸貫一家
C8 真田幸貫一家
松代
8代
真田幸貫
さなだ ゆきつら
  松平定信の二男
真田幸専の養子・・・[C7]真田幸専一家
松平定信二男→真田幸専養子
正室
雅姫 生年不詳
~(嘉永6)年8月19日
享年不詳
松代6代真田幸弘の孫、松代7代真田幸専の養子
法号:真月院殿実操松影大姉
側室
寿嘉   別名:清操院
側室
喜瀬   別名:慎操院
佐野氏の娘
長男
真田幸良
さなだ ゆきよし
  自分は藩主の地位に就かなかったが、長男幸教が父幸貫から松代藩の家督を継ぐ。
[C9-0]真田幸良一家
養子
真田幸教
さなだ ゆきのり
1835(天保6)年
~1869(明治2)年
35才
松代9代 1852(嘉永5)~1866(慶応2)
松代8代真田幸貫の孫(幸貫の長男幸良の長男)
[C9]真田幸教一家
C9-0 真田幸良一家
真田幸良
さなだ ゆきよし
  真田幸貫の長男・・・[C8]真田幸貫一家
自分は藩主の地位に就かなかったが、長男幸教が父幸貫から松代藩の家督を継ぐ。
正室
定姫(貞松院)   松平(柳沢)保泰女子
側室
順操院   村上氏女子
長男
真田幸教
さなだ ゆきのり
1835(天保6)年
~1869(明治2)年
35才
松代9代 1852(嘉永5)~1866(慶応2)
祖父である真田幸貫の養子になる→[C8]真田幸貫一家
女子
定姫   松平定猷へ嫁ぐ
女子
秀姫(慧昌院)    
C9 真田幸教一家
松代
9代
真田幸教
さなだ ゆきのり
  真田幸良の長男・・・[C9-0]真田幸良一家
真田幸貫の養子・・・[C8]真田幸貫一家
真田幸良長男→真田幸貫養子
正室
生年不詳
~1915(大正4)年5月20日
享年不詳
父:松平忠恕(まつだいら ただゆき)
法号:真晴院殿観瑞妙慶大姉
側室
山本久    
側室
土屋久米    
側室
前嶋勝    
側室
児玉直    
長男
不詳    
二男
不詳    
三男
不詳    
四男
真田幸世   1896年6月30日に華族になる。
1896年~1945年を男爵として過ごす。
[I1]真田幸世系
養子
真田幸民
さなだ ゆきとも
1850(嘉永3)年
~1903(明治36)年
54才
実父:伊達宗城(次男として)
松代10代 1866(慶応2)~1871(明治4)
版籍奉還により真田氏は松代藩主の地位を放棄
松代藩知事(長野県の創設により失職)
伯爵
[C10]真田幸民一家
C10 真田幸民一家
松代
10
真田幸民
さなだ ゆきとも
  伊達宗城の次男
真田幸教の養子・・・[C9]真田幸教一家
伊達宗城次男→真田幸教の養子
正室
利宇 生年不詳
~1884(明治17)年8月27日
享年不詳
父:大村純熈(二女として)
法号:真隆院殿清操妙薫大姉
側室
宏子 生年不詳
~1899(明治32)年6月12日
享年不詳
伊東祐歸の妹
法号:真宏院殿慈海静遠大姉
側室 輯子 生年不詳
~1928(昭和3)年10月15日
享年不詳
島津忠済の養妹
法号:真浄院殿大慧慈観大姉
長男
真田幸正   松代真田氏11代当主
伯爵
[C11]11代以後の松代真田当主(11代~14代)
C11 11代以後の松代真田当主(11代~14代)
11
真田幸正   真田幸民の長男・・・[C10]真田幸民一家
松代真田氏11代当主
伯爵
12
真田幸治   松代真田氏12代当主
伯爵
13
真田幸長   松代真田氏13代当主

14

真田幸俊   松代真田氏14代当主
見本
Z0 見本
       
Z0 見本
       
トップ真田氏データベース真田氏一族>藩主系
 
ろくもんせんどっとこむ トップページへ 真田氏データベース トップページへ ルーツ 家紋 歴代藩主 一族 系図 年表 親戚 家臣 勢力範囲 合戦遍歴 関連伝説 真田十勇士 有力者データベース 用語データベース サイトインフォメーション トップへ