真田氏家紋

真田氏の家紋について掲載しています。

真田氏の家紋として有名な六文銭は、真田幸隆が旗印に用いたのが始まりだとされ、その後、真田昌幸や真田信之ら子孫に受け継がれていきました。
真田氏は六文銭以外にも3種類の家紋を用いました。
メニュー

六文銭

六文銭の意味

真田氏の家紋としての六文銭
結び雁金
州浜
割州浜
六文銭(ろくもんせん)
ろくもんせん
六文銭  
「六文銭」の意味
別名:六連銭(ろくれんせん)、六紋連銭(ろくもんれんせん)
六文銭(六連銭・六紋連銭)は家紋としての名称で、もともとは仏教の世界で言う六道銭のことです。
六道銭は三途の川の渡し賃、つまり通行料とされており、死者を葬る時に遺体と一緒に埋めるものです。
「三途の川」の意味
三途の川は仏教において、死者が死後7日目に渡るとされている川です。
三途のもともとの意味は、悪行を重ねた者が行く地獄道・畜生道・餓鬼道の3つの世界のことでしたが、三途の意味が変形し、三途の川での3という数字は世界の数ではなく、通り道の数になっています。
三途の川を渡る方法は3つあり、生前の生き方によって、善人は橋、軽い罪人は浅瀬、重い罪人は流れの速い深みを渡ると言うことになっています。
「六道」の意味
六道銭の六道とは、仏教において地獄(道)・餓鬼(道)・畜生(道)・修羅(道)・人間(道)・天(道)の6つの世界(道)のことをいいます。
六道を合わせて欲界と言い、その上に色界、さらに無色界があります。
欲界・色界・無色界の3つの世界を合わせて三界と言い、人間などの生物はこの3つの世界で生死を繰り返すというのが、仏教が示す世界観だそうです。
なぜ、三途の川の渡し賃が「六道銭」なのか?
なぜ、三途の川の渡し賃に「六道」の考え方が用いられたのか、その根拠は定かではありませんが、六道と六地蔵にそのヒントがあるようです。
仏教の世界の考え方として、あの世とこの世を行き来できる唯一の存在として地蔵菩薩がいます。
地蔵菩薩の中には、六道それぞれにリンクする六体の地蔵菩薩を並べて配置し、これを一まとめに「六地蔵」と呼ぶ例があります。六地蔵は一体毎に六道の1つ1つを守護する存在であり、善光寺(長野県長野市)の三門の手前右側にも六地蔵が安置されています。
六地蔵の存在が物語る様に、昔の人々の間には死後の最初の行き先であろう六道に対する意識が非常に強く、これが「死者に六道の数にあった銭を持たせれば清く成仏できる」という考え方に発展し、「六道銭」ができたようです。
   
真田氏の家紋としての「六文銭」
「六文銭」を家紋に採用した意味と時期
真田氏は家紋に六文銭を用いることで、戦争や日頃の駆け引きについて、死をもいとわない不惜身命の決意で望んでいることを示していたと言われています。
真田氏の代名詞になっているほど、特徴的な家紋ですが、これは真田幸隆(幸綱)が旗印として採用したのが始まりだと言われています。

真田信繁(真田幸村)は大坂の陣で六文銭を使用しなかった
小説やテレビドラマなどの影響で、大坂の陣の時に真田信繁(真田幸村)が六文銭の旗を掲げて家康の本陣へ突入していったと思われがちですが、実際は武具を全て赤一色で統一する赤備えで決戦に望み、少なくとも目立つところには真田の家紋は一切使わなかったようです。
これは、徳川方についた真田宗家である兄真田信之(信幸)に対して気遣ったものであり、尚かつ赤備えで活躍した武田氏の流れを汲む者であることを意識してのことだと思われます。
ちなみに、信繁(幸村)が使った旗印は「総赤に金線」でした。
病を患っていた信之の代わりに大坂へ出陣した息子達の隊は、小松殿の兄弟である本多隊に付き添っていました。
豊臣方の毛利勝永隊と激戦を繰り広げましたが敗れて退却しましたが、これは信繁(幸村)と内通していると思われない様に、敢えてこうした行動を取ったのではないかと言われています。

真田氏以外で家紋に六文銭を採用している例
六文銭は真田氏以外に、真田氏の親戚である矢沢氏が家紋にしてます。

雁金(かりがね)
むすびかりがね
雁金  
真田氏の家紋としての「結び雁金」

六文銭は戦時の色合いが濃い家紋であるため、真田氏は六文銭が使いにくい場合においては、雁金などを用いました。
時代が進むにつれ次第に六文銭の使用が拡大したため、結び雁金の存在は薄くなっていきました。

州浜(すはま)
すはま
州浜  
真田氏の家紋としての「州浜」

結び雁金と同様に、六文銭以外で真田氏が使用した家紋です。

割州浜(わりすはま)
わりすはま
割州浜  
真田氏の家紋としての「割州浜」

結び雁金と同様に、六文銭以外で真田氏が使用した家紋です。

トップ真田氏データベース>真田氏家紋
 
ろくもんせんどっとこむ トップページへ 真田氏データベース トップページへ ルーツ 家紋 歴代藩主 一族 系図 年表 親戚 家臣 勢力範囲 合戦遍歴 関連伝説 真田十勇士 有力者データベース 用語データベース サイトインフォメーション トップへ