佐久間象山
プロフィール
読み仮名
さくま しょうざん(さくま ぞうざん)
生没
1811(文化8)2月28日~1864(元治元)年7月11日
出生
父は佐久間一学。母は荒井氏(松代東寺尾村)の娘
別名
啓之助、啓(ひらき)、国忠、大星、子迪(してき)、子明
移籍
不詳
不詳
子供
不詳
 
備考
京都の木屋町通りには象山の自宅跡や暗殺地に碑が建てられています。
沿革
佐久間象山の沿革

佐久間象山は代表的な幕末の思想家の一人です。
象山はオランダなど海外の先端技術を日本に導入して、西洋列強による日本への脅威を低くしていこうと考えていました。
儒学や朱子学をベースにして政治哲学や社会制度を考えていました。
象山は化学実験もしており、松代では国内初の電信実験(FAXのようなもの)を行いました。
他に、大砲の鋳造、写真機の製作、ジャガイモの栽培などを行いました。

 

1811(文化8)2月28日、真田藩士である佐久間一学と荒井氏の娘の間に生まれました。
父一学は五両五人扶持で側右筆を務めた剣術の達人でした。

松代6代藩主真田幸弘や8代幸貫など藩主との交流があり、幸貫の実父である松平定信とも手紙のやり取りをした事もあります。
父一学の後を継いで、象山も幸貫と情報交換をするようになったと思われます。

1839年(天保10)年、象山は江戸で佐藤一斎から学問を学びました。
その後、江戸神田の阿玉ヶ池付近に塾を開校しました。

1841年(天保12)年、幸貫から江戸藩邸の学問所頭取を命じられました。

1840年に始まったアヘン戦争で、1842年に清がイギリスに敗れたことを発端にして、象山は海外情勢の研究に没頭しました。

父の後を継いで象山も8代藩主の真田幸貫と交流がありました。
1842(天保13)年、真田幸貫に「海防八策」といわれる意見書を提出しました。それは、西洋列強との戦争になった場合、勝ち目はないので先ずはオランダから大型船を導入し、大型船や大砲を増強していくというものでした。

1843(天保14)年、江川太郎左衛門(担庵)から西洋砲術を学びましたが、日本語に訳したものではなく、原本を読む必要性を感じた象山は1844(弘化元)年、黒川良安からオランダ語を学びはじめました。

1849(嘉永2)年、象山は多くの学者にオランダの知識を広めるために、蘭和辞書である「ドゥーフ・ハルマ」の改訂・出版を計画しましたが、幕府の許可が下りずに断念しました。

1851年(嘉永4)年、江戸の木挽町(こびきちょう)に儒学と西洋砲術を教えるために塾を開きました。
勝海舟・吉田松陰・加藤弘之・小林虎三郎などが象山の下で学びました。

1853(嘉永6年)年6月3日、アメリカ合衆国の東インド艦隊司令長官であるペリーが4隻の艦隊を率いて浦賀に着きました。いわゆる「黒船来港」です。ぺリーはフィルモア大統領の親書を幕府に送り、開国を要求しました。しかし、幕府は即答を避けたため、回答を翌年まで延ばす猶予を幕府から求められ退去しました。

1854(安政元)年、開国に対する幕府からの回答を得るために再びやってきたペリーの船団で密航を行おうとしていた吉田松陰の計画が幕府に露見しました。この計画に象山も加わっていたため松代での蟄居を命じられましたが、蟄居中でも外交の研究を欠かすことなく続けました。

1861(安政8)年の日米修好通商条約の締結の際には、松代藩の家老を通じて幕府にアメリカとの折衝案を送るなどしました。

梁川星巌に対して、公武合体での連携を呼びかけるなどしました。

1864(元治元)年、京都へ上洛して最前線で政治活動を行うことを幕府が認めました。
象山は京都で公武合体論や開国論を広めるために活動し、幕府と朝廷の間で奔走しました。

1864(元治元)年7月11日、尊王攘夷派によって京都の三条木屋町で暗殺されました。
暗殺の理由は、天皇の在所を彦根に移動する彦根遷都計画に対しての反発が強かったためと言われています。

 

アヘン戦争1840~1842
イギリスは中国の茶で商売をしようと考えましたが、その運転資金に困りました。
そこで、インドで作られたアヘンを中国人に買わせることで、資金を調達しました。
これに対して清は反発し、アヘン戦争が起きましたが、イギリスの強大な軍事力の前に清は歯が立たず、不平等条約である「南京条約」を結ぶ事になりました。
この時、香港がイギリス領になりました。

アヘン戦争は鎖国政策をとっていた日本にとって、対岸の火事で済まされる事ではありませんでした。
鎖国をしている間に、西洋列強は新兵器や兵法によって、日本よりも遙かに強大な軍事力を手に入れていたためです。
これは当時の日本にとっては大変なショックであり、のちに明治維新が起こる切っ掛けになった出来事でした。

ドゥーフ・ハルマ(長崎ハルマ)
オランダ商館長であるH・ドゥーフがF・ハルマの蘭仏辞典をベースにして編纂を始め、1833年(天保4)年に完成した蘭和辞典です。
佐久間象山がこれを改訂・出版することにより、オランダや海外に関する知識人を増やそうとしましたが、幕府の出版許可が下りずに断念しました。

黒船来港
1853(嘉永6年)年6月3日、アメリカ合衆国の東インド艦隊司令長官であるペリーが4隻の艦隊を率いて浦賀に着きました。
いわゆる「黒船来港」です。
ぺリーはフィルモア大統領の親書を幕府に送り、開国を要求しました。
しかし、幕府は即答を避けたため、回答を翌年まで延ばす猶予を幕府から求められ退去しました。
翌年の1854(安政元)年、開国に対する幕府からの回答を得るために再び来日しました。

トップ真田氏データベース真田氏家臣江戸後期>佐久間象山
 
ろくもんせんどっとこむ トップページへ 真田氏データベース トップページへ ルーツ 家紋 歴代藩主 一族 系図 年表 親戚 家臣 勢力範囲 合戦遍歴 関連伝説 真田十勇士 有力者データベース 用語データベース サイトインフォメーション トップへ