発祥について
真田氏の発祥について
真田氏を作った人は誰?

真田氏と言えば、真田幸村が大変有名ですが、本当の名前は信繁と言います。
これは、江戸中期に真田氏を題材にした講談小説から、信繁を幸村という様になったと言う説が有力です。

信繁の父は真田昌幸、兄は信之、そして、祖父は幸隆(最近、本当の名前は幸綱だと言う説が有力。)ですが、信繁(幸村)の祖父である幸隆の父は誰なのか、今のところ、色々な説が確定するには至っていません。ただし、最近になって真田頼昌という人物が幸隆の父だという説が有力になっています。

頼昌以前の事は、ほとんど分かっていませんので、この「真田年代記」では、信繁(幸村)の祖父である幸隆のお話からします。

もっと真田氏のルーツを知りたい方は、こちら。 真田データベースに飛びます。)

トップ真田年代記>発祥について
 
ろくもんせんどっとこむ トップページへ 真田年代記 トップページへ 発祥について 武田時代 織田・豊臣時代 徳川時代 真田氏の勢力範囲と城マップ 真田氏年表(ダイジェスト版) サイトインフォメーション トップへ