発祥について

真田氏の勢力範囲について掲載しています。
真田氏は信濃国(信州)の東、つまり東信地方の一部である小県郡に拠点を持っていた武将です。
武田氏の家臣として小県郡とともに上野国(上州)の大部分を領土としていた時期もありました。
真田氏は小県郡の上田に上田城を建造したことで有名ですが、幕府の命令により真田信之の代の時に松代に移りました。
江戸初期から中期にかけては松代藩と沼田藩を、江戸中期から幕末までは松代藩のみを治めていました。
メニュー
真田氏勢力範囲の変遷
真田氏勢力範囲変遷の概要 昌幸時代の勢力範囲マップ(推定)
幸隆時代の真田氏勢力範囲  
昌幸時代の真田氏勢力範囲  
信之時代の真田氏勢力範囲  
信之隠居後から沼田藩改易までの真田氏勢力範囲  
沼田藩改易後、松代藩のみ支配した真田氏勢力範囲  
版籍奉還後の藩知事時代  
真田氏勢力範囲の変遷
真田氏勢力範囲変遷の概要
真田氏は海野平合戦で大敗したため上野国へ逃亡、その後に武田信玄の配下として出身地である真田の地を奪還、吾妻郡まで領地を拡大した。武田勝頼の下で沼田を手中に収めるが、これが第一次上田合戦と豊臣秀吉による北条討伐の勃発に影響した。
関ヶ原合戦後、西軍として敗退した真田昌幸から真田氏宗家を継承した真田信之に所領も継承され上田藩と沼田藩の2藩が徳川幕府の下で真田氏の所領として認められた。
約20年後、幕府は真田氏を上田から松代へ移封した。この時点で、松代藩と沼田藩の2藩体制になった。
信之は子供のために松代藩内に埴科藩という分封藩(支藩)を開いた時期もあった。
沼田藩は信之の孫にあたる真田信利が藩主になったが、その統治方が領民から反発を買い、幕府関連の事業も頓挫させるなどしたため、沼田藩は取りつぶされた。
沼田真田藩改易後、真田氏の所領は松代藩だけになり、明治維新を迎えた。
幸隆時代の真田氏勢力範囲
時期・期間
真田氏の領土に関する動き
真田氏の領土
統治者(真田氏一族)
海野平合戦以前
1541(天文10)年
5月以前
海野氏の親族であり配下として、真田の地を統治。 小県郡の一部(松尾古城付近から真田山城あたり) 小県の一部:幸隆
海野平合戦以後
1541(天文10)年
5月以後
海野平合戦で敗北し、上野国の親族を頼り逃亡したため、領地を喪失。   幸隆(逃亡中につき領土無し)
武田氏配下初期
1547(天文16)年頃
~砥石城攻略
武田方による信濃侵攻で評価され、岩尾城(佐久郡)を賜る。 岩尾城(佐久郡)
(領土の範囲は不明)
幸隆:岩尾城(佐久郡)
砥石城攻略以後
1551(天文20)年
5月26日
真田、諏訪形を信玄から賜り、真田の領地に復帰する。
砥石城を拠点にする。
小県郡の一部(砥石城など) 小県の一部:幸隆
村上氏討伐以後
1553(天文22)年
8月10日
従来の領土に加え、秋和を信玄から賜る 小県郡の一部(砥石城など) 小県の一部:幸隆
第三次川中島合戦以後
1558(永禄元)年
4月以後
従来の領土に加え、雨飾城城代を武田氏から命じられる。 小県郡の一部(砥石城など)
雨飾城城代
小県の一部:幸隆
岩櫃城攻略以後
1563(永禄6)年
10月以後
従来の領土に加え、岩櫃城を拠点に、羽根尾城、長野原城、など吾妻郡を統治
この頃から、幸隆は岩櫃城を拠点に吾妻郡、信綱は砥石城を拠点に小県郡の一部を統治。
小県郡の一部(砥石城など)
吾妻郡(岩櫃城、長野原城、羽根尾城など)
吾妻郡:幸隆
小県の一部:信綱
昌幸時代の真田氏勢力範囲
時期・期間
真田氏の領土に関する動き
真田氏の領土
統治者(真田氏一族)
沼田城攻略以後
1580(天正8)年
5月以後
従来の領土に加え、沼田を手中に収めたため、上野国の多くが真田氏の領土になった。
昌幸は甲斐国の武田氏のもとで政務を行うため、沼田・吾妻は昌幸統治の下、一族の海野氏を執行者としておくことを武田氏が決定した。
矢沢氏は吾妻郡に残り、甲斐国の昌幸との連絡役だったと思われる。
小県郡は砥石城、吾妻郡は岩櫃城、沼田付近は沼田城を拠点にした。
小県郡の一部(砥石城など)
吾妻郡(岩櫃城、長野原城、羽根尾城など)
沼田(沼田城)

小県郡の一部・沼田・吾妻郡:昌幸、矢沢頼綱
岩櫃城:海野幸光
沼田城:海野輝幸

海野氏討伐
1581(天正9)年
11月以後
海野氏に謀反の疑いがあるとの情報に基づき、昌幸は岩櫃城の海野幸光と沼田城の海野輝幸を討伐。 小県郡の一部(砥石城など)
吾妻郡(岩櫃城、長野原城、羽根尾城など)
沼田(沼田城)
小県郡の一部・沼田・吾妻郡:昌幸
沼田城:矢沢頼綱
武田氏滅亡以後
1582(天正10)年
4月以後
沼田付近は滝川氏に接収される。
小県郡の一部(砥石城など)
吾妻郡(岩櫃城、長野原城、羽根尾城など)
小県郡の一部・吾妻郡:昌幸、矢沢頼綱
本能寺の変以後
1582(天正10)年
6月以後
滝川氏が本拠地である伊勢に逃亡、真田氏は沼田城を奪還。
小県郡の一部(砥石城など)
吾妻郡(岩櫃城、長野原城、羽根尾城など)
沼田(沼田城)
小県郡の一部・沼田・吾妻郡:昌幸
沼田城:矢沢頼綱
小県郡のを平定
1584(天正12)年
以後
前年から築城を開始した上田城を拠点に、小県郡の南方部分に位置するである丸子方面、次いで西側に位置する室賀を領土に組み入れ、小県郡の平定を達成。
1585(天正13)年8月、北条氏に沼田領の割譲を約束した徳川氏が、これを拒む沼田領主である真田氏を討伐するため、上田城を攻撃。真田氏の勝利。
小県郡(上田城、砥石城、丸子城など)
吾妻郡(岩櫃城、長野原城、羽根尾城など)
沼田(沼田城)
小県郡・沼田・吾妻郡:昌幸
上田城:昌幸
沼田城:矢沢頼綱
第一次上田合戦後
徳川氏配下復帰頃
1589(天正17)年
以後
1587(天正15)年3月18日、秀吉の説得により、昌幸と徳川家康が和睦し、真田氏は徳川氏の配下になる。
1589(天正17)年2月13日、信幸が家康に拝謁する。この頃、昌幸は沼田領(沼田・吾妻郡)を信幸に任せたと思われる。昌幸は矢沢頼綱に信幸の補佐役(家老)を命じる。
小県郡(上田城、砥石城、丸子城など)
吾妻郡(岩櫃城、長野原城、羽根尾城など)
沼田(沼田城)
小県郡・沼田・吾妻郡:昌幸
上田城:昌幸
沼田城:信幸
岩櫃城:矢沢頼綱
沼田を北条氏に割譲
1589(天正17)年
7月10日以後
豊臣秀吉からの要請で、沼田を北条に譲渡する。
1589(天正17)年11月3日、北条方で沼田城を任されていた猪俣邦憲の部隊が真田氏の名胡桃城を攻略し、吾妻郡まで侵攻する事件が勃発。
1590(天正18)年2月、秀吉は北条氏討伐を行うため、小田原に出発。
1590(天正18)年7月、秀吉の攻撃により北条氏滅亡。
小県郡(上田城、砥石城、丸子城など)
吾妻郡(岩櫃城、長野原城、羽根尾城など)
小県郡・吾妻郡:昌幸
上田城:昌幸
岩櫃城:信幸、矢沢頼綱
北条氏滅亡により
沼田を再び統治
1590(天正18)年
7月以後
北条氏滅亡により、沼田が真田氏の再び領土に。 小県郡(上田城、砥石城、丸子城など)
吾妻郡(岩櫃城、長野原城、羽根尾城など)
沼田(沼田城)
小県郡・沼田・吾妻郡:昌幸
上田城:昌幸
沼田城:信幸
岩櫃城:矢沢頼綱
信之時代の真田氏勢力範囲
時期・期間
真田氏の領土に関する動き
真田氏の領土
統治者(真田氏一族)
第二次上田合戦後
(関ヶ原合戦後)
1600(慶長5)年
9月以後
昌幸・信繁(幸村)は西軍として上田城に籠もり、徳川方の主力部隊である秀忠隊に抵抗したため、東軍である徳川方から高野山への幽閉を命じられ、領土は没収された。
昌幸の領土は、家康から東軍に属した信幸に与えられた。
信幸は徳川氏への忠誠を誓うため、昌幸と同じ諱である幸を捨て、信幸に改名。
小県郡(上田城、砥石城、丸子城など)
吾妻郡(岩櫃城、長野原城、羽根尾城など)
沼田(沼田城)
小県郡・沼田・吾妻郡:信之
上田城:信之
沼田城:信之
一国一城令以後
1615(元和元)年
以後
1615(元和元)年、江戸幕府は一国一城令を出したため、上田城と沼田城のような拠点になっている城以外、砥石城・丸子城・岩櫃城・長野原城・羽根尾城などが破壊される。 上田領(小県郡)
沼田領(沼田・吾妻郡)
上田領:信之
沼田領:信之
信之が居城を沼田城から上田城に移す
上田2代:真田信之
沼田2代:真田信吉
1617(元和3)
3月以後
信之は昌幸に倣い、上田と沼田の2元統治体制を導入、信之は上田城に入り、長男信吉に沼田城を任せた。
上田藩(小県郡)
沼田藩(沼田・吾妻郡)
上田藩:信之
沼田藩:信吉
信之、上田から松代へ移封を幕府から命じられる
松代初代:真田信之
1622(元和8)年
10月以後
妻小松殿の死から2年半後、信之は江戸幕府から松代への移封を命じられる。
松代藩(10万石)、沼田藩(3万石)
松代藩(埴科郡・水内郡)
沼田藩(沼田・吾妻郡)
松代藩:信之
沼田藩:信吉
松代藩内に分封藩をつくる。
時期不詳
(1622年以後)
二男信政のために松代藩内に分封藩である埴科藩をつくる。 松代藩(埴科郡・水内郡)
埴科藩(松代分封藩)
沼田藩(沼田・吾妻郡)
松代藩:信之
埴科藩:信政
沼田藩:信吉
沼田藩主交代
沼田3代:真田熊之助
1635(寛永12)年
沼田藩主である信吉の死去により信吉の嫡子である熊之助が沼田藩主になる。 松代藩(埴科郡・水内郡)
埴科藩(松代分封藩)
沼田藩(沼田・吾妻郡)
松代藩:信之
埴科藩:信政
沼田藩:熊之助
沼田藩主交代
沼田4代:真田信政
1639(寛永16)年
7月

沼田藩主である熊之助の死去により熊之助の(父信吉の弟)叔父である信政が沼田城主になる。

松代藩(埴科郡・水内郡)
埴科藩(松代分封藩)
沼田藩(沼田・吾妻郡)
松代藩:信之
埴科藩:信重
沼田藩:信政
埴科藩主交代
埴科2代:真田信重
1639(寛永16)年
7月
埴科藩(松代分封藩)の藩主である信政が沼田藩主になったため、信之の三男信重が埴科藩主になる。 松代藩(埴科郡・水内郡)
埴科藩(松代分封藩)
沼田藩(沼田・吾妻郡)
松代藩:信之
埴科藩:信重
沼田藩:信政
埴科藩を松代藩に統合
1647(正保4)年
埴科藩主である信重が死去、嫡子がないため廃藩にすることが決まる。
埴科藩(松代分封藩)を松代藩に再統合。
松代藩(埴科郡・水内郡)
沼田藩(沼田・吾妻郡)
松代藩:信之
沼田藩:信利
信之隠居後から沼田藩改易までの勢力範囲
時期・期間
真田氏の領土に関する動き
真田氏の領土
統治者(真田氏一族)
松代藩主交代
松代2代:真田信政
1657(明暦3)年
7月23日
信之(92才)が35年間務めた松代藩の家督を次男信政(61才)に譲り隠居。 松代藩(埴科郡・水内郡)
埴科藩(松代分封藩)
沼田藩(沼田・吾妻郡)
松代藩:信政
沼田藩:信政
沼田藩主交代
沼田5代:真田信利
1657(明暦3)年
8月10日(9月説も有)
沼田藩主である信政は信之から松代藩主に命じられたため、沼田藩は信吉の二男である信利(23才)に譲られた。 松代藩(埴科郡・水内郡)
埴科藩(松代分封藩)
沼田藩(沼田・吾妻郡)
松代藩:信政
沼田藩:信利
松代藩主交代
松代3代:真田幸道
1658(万治元)年
6月
1658(明暦4)年2月5日、松代2代藩主である次男信政(享年62才)が亡くなり、信政の六男である右衛門佐(幸道)と沼田藩主である信利の家督相続争いが起こる。
家督相続争いは、1658(万治元)年6月14日、幕府が松代3代藩主を信政の六男である右衛門佐(幸道)にする命令を出したことにより決着。
真田幸道が松代藩主を継ぐ。(幸道1才)
松代藩(埴科郡・水内郡)
沼田藩(沼田・吾妻郡)
松代藩:幸道
沼田藩:信利

沼田藩改易
1681(天和元)年
11月22

沼田藩主である信利が改易、配流されることに決まる。
1580(天正8)年5月に曾祖父昌幸が勝ち取った沼田城は、真田氏在城101年目にして真田氏の手から離れる。
松代藩(埴科郡・水内郡) 松代藩:幸道
沼田藩改易後、松代藩のみ支配した真田氏勢力範囲
時期・期間
真田氏の領土に関する動き
真田氏の領土
統治者(真田氏一族)
松代藩主交代
松代4代:真田信弘
1727(享保12)年
1727(享保12)年、真田幸道が死去したため、真田信弘が松代藩主の家督を継ぐ。 松代藩(埴科郡・水内郡) 松代藩:信弘
松代藩主交代
松代5代:真田信安
1737(元文2)年
1736(元文元)年12月27日、信弘が亡くなったため、真田信安が松代藩の家督をを継ぐ。 松代藩(埴科郡・水内郡) 松代藩:信安
松代藩主交代
松代6代:真田幸弘
1752(宝暦2)年
1752(宝暦2)4月15日、信安が死去したため、真田幸弘が松代藩の家督を継ぐ。 松代藩(埴科郡・水内郡) 松代藩:幸弘
松代藩主交代
松代7代:真田幸専
1798(寛政10)年
1798(寛政10)年、幸弘(59才)が婿養子である真田幸専に松代藩の家督をゆずり、隠居。 松代藩(埴科郡・水内郡) 松代藩:幸専
松代藩主交代
松代8代:真田幸貫
1823(文政6)年
1823(文政6)年、幸専(54才)は婿養子である真田幸貫に松代藩の家督をゆずり、隠居。 松代藩(埴科郡・水内郡) 松代藩:幸貫
松代藩主交代
松代9代:真田幸教
1852(嘉永5)年
1852(嘉永5)年、幸貫は真田幸教(幸貫の孫)に松代藩の家督を譲り隠居後、間もなく死去。 松代藩(埴科郡・水内郡) 松代藩:幸教
松代藩主交代
松代10代:真田幸民
1866(慶応2)年
1866(慶応2)年、病弱だった幸教は養子の真田幸民に松代藩の家督を譲って隠居。(幸民32才) 松代藩(埴科郡・水内郡) 松代藩:幸民
版籍奉還後の藩知事時代
時期・期間
真田氏の領土に関する動き
真田氏の領土
統治者(真田氏一族)
版籍奉還
1869(明治2)年
明治政府は各大名に版籍奉還を命じるとともに、従来の藩主を藩知事に任命し、江戸幕府による治世を地方においても終わらせ、明治政府による地方行政が始まる。
幸民も版籍を奉還し、新政府から松代藩知事に任命された。
松代藩(埴科郡・水内郡) 松代藩知事:幸民
廃藩置県により松代県になる。
1871(明治4)年
7月
廃藩置県が行われ、松代藩は松代県になる。 松代県(埴科郡・水内郡) 松代県知事:幸民
松代県など小さい県が統合され長野県ができる。
1871(明治4)年
11月
飯山・須坂・長野(旧天領中野)・松代・上田・小諸・岩村田の各県が統合されて長野県になり、松代藩は解体され幸民は松代県知事を解任される。
真田信之から続いた真田氏による松代支配は終わり、松代はこの地域の政治の中心では無くなる。
   
昌幸時代の勢力範囲マップ(推定)
 
ろくもんせんどっとこむ トップページへ 真田年代記 トップページへ 発祥について 武田時代 織田・豊臣時代 徳川時代 真田氏の勢力範囲と城マップ 真田氏年表(ダイジェスト版) サイトインフォメーション トップへ