茂左衛門刑場跡
プロフィール
読み仮名
もざえもんけいじょうあと
別名
茂左衛門処刑地跡
所在地
群馬県利根郡みなかみ町月夜野
遺構
 
区分
 
備考
上越新幹線上毛高原駅で乗換、JR上越線後閑(ごかん)駅で下車。
経歴

信之の孫である沼田5代藩主真田信利が領民に重税や過大な労働を要求したため、領内77村の領民の意見を茂左衛門が代表して将軍徳川綱吉に直訴しました。
信利は幕府から受けた仕事の方も失敗に終わり、改易にされました。
領民の意志を将軍家に伝えた茂左衛門は直訴の罪に問われ、竹之下河原で磔の刑に処せられました。
近くには茂左衛門地蔵を祀っている千日堂があります。

<信利の悪政と両国橋事件の部分を信利のテキストからアレンジ転載すること>

トップ真田氏史跡探訪真田氏史跡リスト関東地方群馬県みなかみ町>茂左衛門刑場跡
 
copyright (C) 2000-2007 rokumonsen.com All right reserved.
サイトインフォメーション rokumonsen.com トップページ 真田氏史跡探訪 トップページ 史跡リスト 真田氏イベントガイド 周辺観光情報 交通ガイド 天気ガイド 桜ガイド 史跡マップ sanada-maru.com