正覚寺
基本データ
読み仮名
しょうかくじ
別名
 
所在地
群馬県沼田市鍛冶町938
遺構
小松殿の霊屋、小松殿の墓、鈴木主水の墓、絹本著色地蔵十王図(けんぽんちゃくしょくじぞうじゅうおうず)
区分
 
備考
JR上越線沼田駅で下車。
経歴

真田信之の正室である小松姫の墓と霊屋があります。

関ヶ原合戦で真田昌幸と信繁(幸村)が西軍として上田城に戻る途中、この沼田に立ち寄りましたが、留守を守っていた信之正室である小松殿は2人の入城を許さず、代わりにここで昌幸に孫達と面会させたという伝承が残っています。

小松殿の霊屋の側には、名胡桃城代だった鈴木主水の墓があります。
主水は城代を務めていた名胡桃城を北条氏に乗っ取られてしまい、責任を取って切腹しました。

正覚寺に残る絹本著色地蔵十王図(けんぽんちゃくしょくじぞうじゅうおうず)は真田氏初代沼田藩主真田信幸(信之)の夫人である小松殿が正覚寺へ寄進したものであるとの伝承が伝わっています。

トップ真田氏史跡探訪真田氏史跡リスト関東地方群馬県沼田市>正覚寺
 
copyright (C) 2000-2007 rokumonsen.com All right reserved.
サイトインフォメーション rokumonsen.com トップページ 真田氏史跡探訪 トップページ 史跡リスト 真田氏イベントガイド 周辺観光情報 交通ガイド 天気ガイド 桜ガイド 史跡マップ sanada-maru.com