松代藩鐘楼
プロフィール
読み仮名
まつしろはんしょうろう
別名
 
所在地
長野県長野市松代町松代
遺構
 
区分
 
備考
 
経歴

松代藩鐘楼は真田信之が1624(寛永元)年に建造し、松代藩士の就業時間を知らせました。
ここには足軽割番所も設置されたため、割番所とも呼ばれました。

松代藩士だった佐久間象山は日本国内では最先端を行く学者でした。
1849(嘉永2)年、佐久間象山はこの鐘楼で電信実験に成功しました。
これは電機によって針が回り、針が指した文字を読んでいくもので、現在のFAXに似たものでした。
これにより、日本電信発祥の地になっています。

トップ真田氏史跡探訪真田氏史跡リスト中部地方長野県長野市>松代藩鐘楼
 
copyright (C) 2000-2007 rokumonsen.com All right reserved.
サイトインフォメーション rokumonsen.com トップページ 真田氏史跡探訪 トップページ 史跡リスト 真田氏イベントガイド 周辺観光情報 交通ガイド 天気ガイド 桜ガイド 史跡マップ sanada-maru.com