尾野山城跡
プロフィール
読み仮名
おのやまじょうせき
別名
 
所在地
長野県上田市生田
遺構
 
区分
 
備考
 
経歴

 

尾野山城は丸子方面から流れる依田川と、小諸方面から流れる千曲川が合流する地点の下流左岸の東山の山麓にある山城です。
標高約800メートルの所に築かれ、南の丸子から北西の上田まで展望でき、北には真田が遠くに見え、天気が良い時には真田本城の段郭の形がはっきり見えます。

第一次上田合戦では、上田城攻めをひとまず辞めて丸子城攻めに入った徳川方を追って、真田昌幸はこの尾野山城に入ったと言われています。
尾野山城からは丸子城や丸子城を包囲する徳川方が一望できたと思われます。

本丸付近は段郭と思われる削平地があり、近くには堀切と思われるものもあり、本丸周辺は一応山城の様子をとどめている状態と言えそうです。

三峰社のほこらがあります。

トップ真田氏史跡探訪真田氏史跡リスト中部地方長野県上田市>尾野山城跡
 
copyright (C) 2000-2007 rokumonsen.com All right reserved.
サイトインフォメーション rokumonsen.com トップページ 真田氏史跡探訪 トップページ 史跡リスト 真田氏イベントガイド 周辺観光情報 交通ガイド 天気ガイド 桜ガイド 史跡マップ sanada-maru.com