信綱寺
メニュー
信綱寺 境内
真田氏 墓所

真田信綱 墓

北 墓
真田昌輝 墓
基本データ
読み仮名
しんこうじ
所在地
長野県小県郡真田町横尾
遺構
真田信綱の墓、(真田信綱正室)の墓、真田昌輝の墓
血染めの陣羽織(信綱所用)、真田信綱が所用した胴
区分
寺・墓・資
説明

真田幸隆の長男である真田信綱により創建されたと言われています。

1575(天正3)年、長篠合戦で武田方が織田徳川方に敗れた際に、真田信綱と、その弟である真田昌輝が討ち死にしましたが、家臣である白川氏の兄弟が信綱の首を陣羽織に包んで持ち帰りました。
当初、信綱の首は進行時表門の脇に埋められたとされていますが、その後現在ある境内に移されたようです。

長篠合戦で討ち死にした真田信綱とその正室、そして一緒に討ち死にした真田昌輝の墓があります。
長篠から信綱の首を持ち帰ったとされる白川氏兄弟の墓もあります。

備考
 
トップ真田氏史跡探訪真田氏史跡リスト中部地方長野県上田市>信綱寺
 
copyright (C) 2000-2007 rokumonsen.com All right reserved.
サイトインフォメーション rokumonsen.com トップページ 真田氏史跡探訪 トップページ 史跡リスト 真田氏イベントガイド 周辺観光情報 交通ガイド 天気ガイド 桜ガイド 史跡マップ sanada-maru.com