プロフィール
読み仮名
といしじょう
別名
戸石城、戸石米山城、戸石城の一部分には米山城と呼ばれている出丸があります。
所在地
長野県上田市上野字伊勢山
遺構
 
区分
 
備考
米山城は戸石城の一部です。
経歴
歴史

戸石城は上田市街地の北側に聳える東太郎の尾根沿いの低い山の山頂に築かれた山城です。
ここは背後に東太郎、西側に神川が流れており、戦略的に重要な城で、真田氏を含む海野氏一族が上田小県から逃亡した跡は、この時の勝利者である村上氏の支城になりました。

その後、村上氏は武田氏による北信濃への侵攻を「上田原合戦(1548(天文17)年)」そして「信玄の戸石崩れ(1550(天文19)年)」という2度の合戦で阻み、戸石城を持っていることが村上氏の戦略的に優位な条件の1つになっていたと考えられます。

砥石城は以前は真田氏など海野一族の領地だったこともあり、真田幸隆は武田氏の下で上田小県奪還を目指して動いていました。
1551(天文20)年、幸隆は村上氏の組織に対する内部工作で砥石城を乗っ取ることに成功しました。

徳川氏が上田に攻めてきた1585(天正13)年と1600(慶長5)年の2回の上田合戦では真田の別働隊の本拠地になりました。

構造・遺構

砥石城は城の中枢部である本城を中心にして、北に枡形城、南に戸石城、そして戸石から尾根づたいに米山城と呼ばれる削平地があり、これらの集合体を砥石城と呼びます。
いわば、本城を中心に山麓の頂上に点々と段郭が築かれていたとイメージしていただければ良いと思います。
ただし、本城付近が抜きん出て規模が大きいです。

米山城は、ここに米倉があった時に戦火で兵糧米が焼けたいう伝承があり、その痕跡として炭化米が地表から採取できましたが現在は未確認です。

砥石城は遊歩道が整備されており、急な部分も階段があり、山城としてはよく整備されている方だと思います。
ハイキングに訪れる人々も多いです。

トップ真田氏史跡探訪真田氏史跡リスト中部地方長野県上田市>砥石城
 
copyright (C) 2000-2007 rokumonsen.com All right reserved.
サイトインフォメーション rokumonsen.com トップページ 真田氏史跡探訪 トップページ 史跡リスト 真田氏イベントガイド 周辺観光情報 交通ガイド 天気ガイド 桜ガイド 史跡マップ sanada-maru.com