上田城跡公園
プロフィール
読み仮名
うえだじょうせきこうえん
別名
尼ヶ淵城(あまがふちじょう)
所在地
長野県上田市二の丸
建物
西櫓、北櫓、南櫓、本丸東虎口多聞櫓(1994(平成6)年に復元)、真田神社
上田市立博物館
遺構
本丸、本丸土塁および本丸堀、二の丸の大半、二の丸土塁の半分以上および二の丸堀の3割程は明治維新時に近い状態であると思われる。本来は水堀である二の丸堀は児童公園・陸上競技場・野球場などに利用されている。二の丸に石垣で築かれていた武者溜まりなどの遺構、本丸西虎口北側の石垣は明治維新後に破壊されました。二の丸の武者溜まり跡には現在、上田市民会館があります。
区分
 
備考

上田城は桜の名所になっており、4月の中旬頃は花見客で賑わいます。最近は、桜開花の時期に合わせて上田城千本桜祭が開催されています。
毎年4月の下旬に開催される上田真田まつりは上田城でセレモニーが行われてから武者行列が市街地に向かって行進し、市街地を練り歩きます。

<上田城が「日本100名城」に選定されました>

2006(平成18)年2月13日、財団法人日本城郭協会による「日本100名城」が発表されました。

長野県の城が5カ所選定され、その中に上田地域の英雄・真田昌幸が築城し、上田市のシンボル的存在である上田城も入選しています。
平城や平山城の形式の城郭は市街地化で破壊されているケースが非常に多いのですが、長野県に残るものは遺構が比較的綺麗な状態であるために、上限一杯の5カ所の指定を受けたのではないかと思います。

上田城については、仙石氏が藩主だった時代に築かれた櫓のうち3棟が現存していますが、それ以上に本丸と二の丸が市街地化されずにほぼそのまま残っている点が貴重です。
発掘すれば、もしかすると地下深くから真田時代の遺構も出てくるかも知れません。

■「日本100名城」について詳しいことは、こちらのリンク先をご覧ください
 財団法人日本城郭協会

経歴

上田城は真田昌幸によって1585(天正13)年頃、上田盆地のほぼ中央築かれた平城です。
小泉氏の支城があったところでもあり、その場所は上田城では小泉曲輪と名付けられました。
河岸段丘上に作られ、南は千曲川の断崖絶壁、城下町は城の西方に作られました。
城の近くを流れていた川は築城時に流れを変えられ、北から西へ回り込みように矢出沢川が流れています。

当時としては近代的な設計で城郭が整備され、海野町・原町を中心に商人や職人を住まわせ、寺社も建立しました。
海野や原といった地名は、海野氏の本拠地や真田氏の本拠地の地名にちなんで名付けられたものだと言われ、そういった場所から領民の一部を移住させたと言われています。

1585(天正13)年8月、徳川家康の命令を受けた鳥居・大久保・平岩ら率いる約8500人の大軍が攻めてきましたが、昌幸はこの上田城に籠もって迎え撃ちました。
この時、真田方は兵は2000人だったと言われています。
長男信幸とともに地の利を生かした昌幸は僅かな兵で徳川の大軍を退けました。

徳川方が体勢を立て直しているところに、石川数正が徳川家康を裏切って羽柴秀吉についたため、情報戦で不利な状況に陥った徳川方は撤退し、第一次上田合戦は真田氏の勝利で終わりました。

1600(慶長5)年9月、関ヶ原の戦いに向かう途中だった将軍秀忠の大軍は西軍に入った昌幸が籠もる上田城を攻めることにしました。
この時、長男信幸は徳川方として昌幸の降伏説得工作をしました。
昌幸は次男信繁(幸村)とともに少数の兵で大軍の徳川方を翻弄し、徳川方を長い間足止めさせました。

秀忠は真田氏を討つことをあきらめて関ヶ原を目指しましたが、木曽まで来たところで関ヶ原合戦での決着がついたため、秀忠は大軍を関ヶ原に投入できなかったという失敗を父家康から責められました。

このように、真田氏は上田城や周辺の山城、地の利を生かして2度にわたって大軍で攻めてきた徳川方を退けています。

上田には昌幸が築城してから、信之が松代に移封されるまで真田氏が37年間いましたが、その後、小諸から移封されてきた仙石氏が関ヶ原合戦後に破壊された上田城を修復し、これが現在残る上田城の姿です。
但馬国出石藩3万石へ移封になった仙石氏に代わって松平氏が上田藩主になり、幕末を迎えています。

明治維新後、上田城は民間に払い下げになり、城の土地・櫓・櫓門・石垣など転売されました。
現在ある3つの櫓のうち、北櫓と南櫓は市街地で遊郭として利用されていたものを城に戻したもので、その2つの櫓の間にある本丸東多聞櫓とその両側の塀は古写真をもとにして平成になってから復元されたものです。

北櫓の石垣には「真田石」と呼ばれる巨石があり上田城の名物的存在です。
西櫓の脇には井戸が残っており、これは北に聳える太郎山まで抜け穴があったという伝説があります。

明治維新以前は松平神社だったものを後世になって真田神社として祀っています。

トップ真田氏史跡探訪真田氏史跡リスト中部地方長野県上田市>上田城跡公園
 
copyright (C) 2000-2007 rokumonsen.com All right reserved.
サイトインフォメーション rokumonsen.com トップページ 真田氏史跡探訪 トップページ 史跡リスト 真田氏イベントガイド 周辺観光情報 交通ガイド 天気ガイド 桜ガイド 史跡マップ sanada-maru.com