上田原古戦場
プロフィール
読み仮名
 
別名
 
所在地
長野県上田市上田原
遺構
 
区分
 
備考
 
経歴

信濃国の諏訪と松本方面を平定した武田信玄の次の目的は北信濃への侵攻を阻んでいた村上氏の討伐でした。

1548(天文17)年2月14日、上田原合戦が起こりました。
大軍を率いて幾度の激しい戦いに勝ってきた武田軍に対して、葛尾城を拠点にし、砥石城や塩田城など要害堅固な山城や、地の利を生かした戦闘ができる村上氏は上杉氏からの支援もあって強気な抵抗を続けました。
その結果、武田氏は重臣である板垣信方をはじめ数百人と言われる多くの死傷者が出たため、撤退を余儀なくされました。

この上田原古戦場跡の石碑があるところから、少し北の千曲川河川敷近くには板垣信方の墓があります。

 

トップ真田氏史跡探訪真田氏史跡リスト中部地方長野県上田市>上田原古戦場
 
copyright (C) 2000-2007 rokumonsen.com All right reserved.
サイトインフォメーション rokumonsen.com トップページ 真田氏史跡探訪 トップページ 史跡リスト 真田氏イベントガイド 周辺観光情報 交通ガイド 天気ガイド 桜ガイド 史跡マップ sanada-maru.com