松平定信
プロフィール
読み仮名
まつだいら さだのぶ
生没
1759(宝暦8)年12月27日~1829(文政12)年5月13日 享年71才
出生
父は8代将軍徳川吉宗の次男である田安宗武(たやす むねたけ)の七男で、定信は8代将軍徳川吉宗の孫にあたる。母は山村氏の娘。
別名
 
移籍
 
 
子供
長男:松平定永、二男:真田幸貫、三男:真田幸栄、他
 
備考
松代真田藩主である真田幸貫の実父。
経歴

1775年(安永4年)、白河藩主を務める松平(久松)氏の養子になりました。
1783年(天明3年)、藩主となってからは藩財政の再建につとめました。

1787年(天明7年)、徳川幕府の老中に就任して田沼意次失脚後の幕府改革を行いました。これを「寛政の改革」と呼びます。

1825(文政8)年5月、幸貫が初めて参勤交代で江戸を訪れる際には、幸貫と事前に手紙でやり取りをし、自らの使者に江戸に着いた幸貫を出迎えさせるなどしました。
定信は幸貫が江戸藩邸にいる間はほぼ毎日手紙のやり取りをしていました。

定信は、鎌原・恩田・池田要人佐久間一学など、後に幸貫のブレーン的な存在になる人々と手紙のやり取りをしていました。
佐久間一学は佐久間象山の父親であり、定信からの間接的な影響で佐久間象山が頭角を現してきた可能性も否定できません。

幸貫の藩政改革が定信の改革と似ていたのは、定信からのアドバイスがあり、定信が亡くなった後も、幸貫は定信の改革手法を見本にしてしたからだと言われています。

トップ真田氏データベース戦国江戸期有力者>徳川氏(御三卿・田安家)>松平定信
 
ろくもんせんどっとこむ トップページへ 真田氏データベース トップページへ ルーツ 家紋 歴代藩主 一族 系図 年表 親戚 家臣 勢力範囲 合戦遍歴 関連伝説 真田十勇士 有力者データベース 用語データベース サイトインフォメーション トップへ